寝心地重視の方にオススメ敷布団

オススメ敷布団

日々の暮らしと健康に最も大切となる“睡眠。しっかりと寝てるのに何となくだるく感じたり、身体が痛かったり、そんな体調の不調でお悩みの方も多いはず。

もしかしたら敷布団がご自身に合っていないのかもしれません。敷布団は毎日使うものなので、質の高い睡眠を手に入れるために、自分に合った敷布団を見つけることが最も重要なんです!でも敷布団はたくさん種類があってどれが良いのかイマイチ分らない方も多いのでは・・・
《構造》《体圧分散》《通気性》
快適な寝心地のポイントとなるこの三項目に着目して、調査結果をまとめてみました。 暑い時期でもグッスリと眠れる寝心地を重視する方にオススメな調査結果はこちら↓↓

 雲のやすらぎ
厚さ・構造 極厚17cmの5層構造により、大ボリュームでふんわりふかふかな寝心地です。マットレスが厚いので、床に直接敷いても底付き感は一切ありません。場所を選ばない快適設計で、床に敷いても、ベッドに敷いても快適な眠りがサポートされます。
体圧拡散 独自製法「クロスクラウド製法」による体圧分散で、腰に負担を感じません。また、布団の中にある凸凹構造の縦の繊維が体を支え、真ん中の中芯が横に力を分散させます。体の重みを優しくソフトに支えるので、腰痛や肩こりでお悩みの方に最適な布団です。
通気性 驚くべき通気性で湿気(汗)を外部へ放出します。凸凹構造により汗が上から下へと流れやすくなり、空気が出入りしやすく、保温性にも優れています。さらに、就寝時に適度な温度・湿度を保つために、フランス産の最上級の贅沢羊毛「ロレーヌダウン」を使用。これにより最適な温度と湿度が維持されるので暑さにうなされることなくヒンヤリ快適な睡眠体験が可能です。
 ムアツ布団
厚さ・構造 床ずれ防止用として、病院用に開発されたムアツ布団。三層構造で厚みがしっかりとあります。
体圧拡散 独自の凸凹構造で、受け止めた体重圧を水平・放射状にバランス良く分散します。身体が沈みすぎずに自然で安定した寝心地が保てます。
通気性 凸凹構造の凹の部分が隙間を作り、空気の流れを保ちます。この空気が汗や湿気を拡散し、逃すため、いつでもさらさらな肌触り。
 フレアベル
厚さ・構造 性質の違う2つのウレタンを組み合わせた2層構造。
体圧拡散 性質が異なるウレタンフォームを組合わせたり、凹凸形状のフォームを多層、またはブリッジ構造にすることで、身体をしっかりと、そして優しく支える独特なクッション性が実現しました。腰部を頭部と脚部より硬くしているため、重い腰部の沈みこみを抑え、無理のない自然な寝姿勢をサポートします。
通気性 身体のラインに合わせて、通気孔となる溝を多数設けることで通気性をアップしています。
 モットン
厚さ・構造 身体を均等に持ち上げ、方からお尻が一直線になっており、歪みのない理想的な睡眠姿勢をサポート。体圧分散が出来ており、旨や腰の負担が少なく、睡眠時に筋肉を休ませることができる。
体圧拡散 8cmの厚みにした事で、横になった際に、体をふんわり押しあげてくれるような思わず寝てみたくなる新感覚の寝心地となっています。
通気性 発砲する泡の大きさを調整する事で、高い通気性を実現し、快適な寝心地となっております。さらに、モットンは汗と空気が上から下へと流れやすい最先端の構造となっている為、湿気がたまりにくく、ムレにくいのです。

人が寝心地が良いと感じるのは、仰向けになったときに背骨がS字で保たれている状態なんだとか。
快適な寝心地を得られる理想的な敷布団の構造としては、長時間横になっていても背骨をS字状態にキープできる位の硬さと、 横になった時に身体にまとわりつく位の適度な柔ら かさを兼ね揃えたものです。


  硬さと柔らかさのバランスが重要!!

硬すぎて仰向けになった時に背中との隙間が空いてしまうのも良くない、柔らか過ぎて必要以上に沈み込んでしまうと腰・背中に 負担がかかってしまい、腰痛の原因にもなります。それだけではなく、睡眠障害までも引き起こしてしまう可能性も考えられます。
そんな選ぶのが難しく、たくさんある敷布団の中でも”快適な寝心地”の面で定評を集めたのは「雲のやすらぎ」です!
3層構造は良く見かけますが、雲のやすらぎは何と5層構造!
しかも厚さは17cmと極厚大ボリュームでしっかりとした頼れる敷布団なんです。 これだけ見ると硬そうなイメージがしますがそんなことはありません。
実際は適度な硬さがありながらもふんわりふかふか。
まるで雲の上に浮いているような寝心地です。雲のやすらぎ使用者にはひどかった腰痛が改善したという声も多く、整体院の院長からも 「身体を支えるサポーターとして、とても良い敷布団」と太鼓判付でますます信頼できますね。
また、通気性の面でも抜群です。凸凹構造が汗を上から下へと流れやすくし、空気を入りやすくします。
フランス産の最上級の贅沢羊毛 「ロレーヌダウン」を使用しているのもポイントです。この弾力性にも優れた贅沢羊毛「ロレーヌダウン」が就寝時に適度な温度・湿度 を保ってくれるので、暑い時期でも快適に眠ることが可能なんです♪♪

次に定評を集めた「ムアツ布団」は3層の凸凹構造です。
まず、1層目はソフトに身体を支えることで重さを布団全体に分散させます。 次に2層目。2層目は身体には触れない部分ですが、この隙間が毛細血管を圧迫することなく、血行の妨げを防ぎます。
最後に3層目で身体全体を どっしりと支え、安定した姿勢を保ってくれます。面ではなく点で身体を支えるため重さが1点に集中しないんだとか。
通気性も良く、凸凹構造の 凹部分の隙間が空気の流れを保って汗や湿気を拡散し、逃すためさらさらな肌触りを実感できます。
ただ凸凹構造が硬めに作られており、人によっては身体に刺さっているような感覚で良く眠れないという声も・・・。


フレアベルは性質の違う2つのウレタンを組み合わせた2層構造になっています。腰部を頭部と脚部より硬くしているため、重い腰部の沈みこみを抑えて 無理のない自然な寝姿勢をサポートします。
また身体のラインに合わせて、通気孔となる溝を多数設けることで通気性をアップ。 実はこのフレアベル、値段も安くてお求め安くなっているのですが質は至って普通だったという評価が多いですね。


マニフレックスに使用されているエリオセルはマットレスに最適の弾力性と復元性を発揮します。
背骨や腰部の自然なカーブにストレスをかけることなく 体圧を分散します。空気の出し入れが自由なオープンセル分子構造なので通気性は問題なさそうです。
イタリア産と聞くだけで高品質を連想できますね。
ただそこはやっぱりイタリア産、日本人とは馬が合わないみたいです(焦)
同じ値段であれば日本人の方は日本製の敷布団を購入するのが良いのではないでしょうか。


という訳で、寝心地重視の方にオススメ敷布団でのトップは”雲のやすらぎ”でした。この構造と体圧分散、さらに通気性の面でも抜群の機能を兼ね備えている雲のやすらぎなので、当然の結果ではないでしょうか?
 どんなに気温が高くて暑くても寝苦しさを感じない敷布団です!
自分が快適で心地よいと感じる敷布団をリサーチしてとっておきの1枚に出会ってください♪♪

「美味しいと評判」  グルメも納得サイト!