敷布団の硬さと腰痛について

睡眠は、健康には欠かせないもので、 人体は睡眠の間にリカバリーを繰り返しています。 リカバリーを繰り返す部位の中でも特に椎間板は睡眠中に大きなリカバリーしています。 椎間板というものは日中に、重力が原因で若干短くなります。 それが睡眠の為に横になる事で、元に戻っていきます。 だから腰痛を持つ人にとって睡眠は非常に重要な事です。

寝返りを丁度良く打っていくことで、身体の1ヶ所が圧迫されることなく健康を保つことが出来ます。
もちろん丁度良く寝返りが打てないと、様々な形で健康を害するのは言わずもがな。腰痛の対策にも、もちろん寝返りが重要です。
寝返りを丁度良く打てるようにするには、自分の体に合った敷布団を使う必要があります。

特に敷布団の硬さは重要です。人体は肩や腰が出っ張っていますから、そこが敷布団にどう当たっているかが大切になってくる訳です。

・硬すぎる敷布団の場合

背中が浮いてしまい、肩や腰で体の体重を支えなくてはいけません。
もちろん肩や腰に負担がかかり、肩こりや腰痛の原因になってしまいます。

柔らかすぎる敷布団の場合

体全体が沈みこむので体には良いようには思えます。
しかし腰や背中が大きく沈み込んでしまう事で、理想の寝姿勢から遠ざります。
これが何を意味するかというと、腰痛悪化に繋がったり、無意識に何回も寝返りを打とうとしてしまうことから、 突然目が覚めしまうなどの、安眠の妨害になったりすることもありえます。

丁度良い硬さといえば筋肉の硬さ位がベストなのだそうです。
また体全体の敷布団にかかる圧力が均等になるような作りで特定の箇所に圧力がかからないようになっていることも 非常に重要なので、要チェックです!

質の良い睡眠生活を送る為にも適切な敷布団を選びましょう。

「美味しいと評判」  グルメも納得サイト!